2021年02月23日

自然栽培の旬野菜、日本菠薐草をお浸し料理して食事する味

P_20210221_131818.jpg
自然栽培の旬野菜、日本菠薐草をお浸し料理して食事する味


オス! おら和鹽!

みんな元気か?元気ねーぞ!

おらサイヤ人とか思われてるけどちょっと違うぞ

サイヤ人じゃなくてヤサイ人だ!
野菜ばっか食べてるヤサイ人だ
わかっか?



すみませぬ
ヤサイ人の和鹽です


今日は菠薐草のお浸し料理するため冷蔵庫に入れておいたものを取り出して洗います
ほうれん草の根から下は赤色をしています
取り出してきた菠薐草はまだ青々として黄色くないでした
ボウルで水洗いすると、砂が少しとナメクジの小さいのが一匹出てきましたよー


鍋に入れて蒸して水洗いして色止め
それを絞り込んで器に盛り付け出来上がり
絞ったらほんの少しになりました菠薐草
ちっちゃー!


味付け無しのそのままのお浸し料理の味は、


葉先は柔らかく舌で潰れるくらいで甘く菠薐草の香りがします
菠薐草の香りと言うかアカザ科の香りですね


ほうれん草は茎も食べると柔らかで繊維質な事もなく、茎がトウダチ仕掛けていたものも柔らかく食べやすいです
ほうれん草の茎の中は太くても空洞でした


茎が出て春に花が咲いても柔らかなので茎ごと煮やして食べれそうですね
ほうれん草はほんと甘いですね
今度は塩ゆでしてみようかな~


ヤサイ人からはそんだけ!


ありがとうござりまする
【関連する記事】
posted by 水玄和鹽《一物全体、身土不ニ、時短野菜で病滅健全食》 at 12:45| 兵庫 ☀| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください